婚活の前に”ライフプラン”を考えよう

ライフプラン 恋愛/婚活/自分磨き

ライフプランとは?

ライフプランとは生涯の生活設計のことです。

○年後に家を飼いたい、子供は○人欲しい、老後は月1回旅行したい・・など具体的にどのような生活を送りたいのかを考えることです。今までに、少なからず一度は考えたことはあるのではないでしょうか。

また、本当に自分が大切にしている人・物・価値観について考える、ということでもあります。

ライフプランを考えるメリット

①婚活へのモチベーションが高まり、活動を継続できるようになる

「周囲が結婚しているから」「結婚適齢期と一般的に言われているから」

といった理由で婚活に臨んでいる方も多いかもしれません。

ただ「自分が大切にしたいこと」と照らし合わせて、結婚という選択肢がベストなのかということは考える必要があるでしょう。

”結婚”というイベントは人生の中で最も大きなイベントです。

結婚をするかしないか、その選択によって子供の有無、どこに住むか、どのくらいの大きさの家に住むか、など様々な条件に影響を及ぼします。

今後の人生を左右する一大イベントであるからこそ、生半可な気持ちで婚活に臨むことはデメリットが大きいと言えます。

逆に言えば、十分に考えた上で「結婚したい」と思えればそれは婚活に対して強いモチベーションになるのではないでしょうか。

婚活は恋人探しではなく結婚相手を探す場です。いい相手がいればすぐに結婚するという強い決意を持つことは非常に有利に働きます。

また、人と人との出会いですから、短期間で希望する相手が見つかるとは限りません。根気強く活動を継続することも成功するために必要な要素です。

②希望する相手とのマッチング確率が高まる

人生設計が明確であればあるほど、結婚相手への希望条件も明確になっていきます。

このように考えると、相手への要望が増えてしまい選択肢が狭まってしまうような気がするかもしれません。ただし、人生設計を明確にするということは、ゼロベースで自分にとってどんな相手を選ぶべきなのか、ということを考え直すということにもつながります。結果として、今まで拘っていた条件を見直すきっかけになるかもしれません。

どれくらいの期間で、そして何歳までに、お相手を見つけるべきなのかということが定まっていれば、自ずといい出会いが生まれていくでしょう。

事前にライフプランを考えることこそが、婚活成功への最短ルートではないでしょうか。

ライフプランニング=資金計画

ライフプランを考えるということは、お金について考えるということでもあります。主なライフイベント毎にかかる費用についてみていきましょう。

結婚費用

結婚式の費用以外にも、結納・新婚旅行・新生活の準備資金などがかかります。

もちろんご祝儀や家族からの援助などがある方も多いと思いますが、ある程度は自分達で準備をしていく必要があると言えます。

教育費用

公立に進学するか私立に進学するかによって費用が大きく異なります。

幼稚園から高校まで全部公立の場合と全部私立の場合を比べると約3倍の違いがあります。

また大学進学をする場合には国公立か私立か、文系か理系か、また学部によっても大きく費用が異なります。

住宅費用

住宅購入に関して、住宅ローンを組む方が多いかと思いますが、職業や収入によって借入可能な金額が変わってきますので、一般的に購入金額の2割程度の自己資金を用意する必要があると言われています。また、長期的にみた場合、自宅の老朽化に伴いリフォームをするケースも考えられますので準備が必要です。

老後費用

”老後2000万円問題”(今は1300万円に修正されています)については記憶に新しいところかもしれませんが、現役時代と異なり収入が増えるということは考えづらくなるため計画的な準備が必要です。また、人生100年時代に突入しており、長生きするリスクも高まっているため、その点も考慮する必要があるでしょう。

今のご自身の年齢や収入とライフプランを照らし合わせて、どのくらいのお金がこれから必要になるのか、今一度イメージしてみてはいかがでしょうか。

資金計画はプロに相談してみませんか??

適切なライフプランニングを行い、計画通りに資金を準備していくのは非常に労力がかかる作業です。またその手段も様々あるので迷ってしまいますよね。

そこで一度ライフプランニングについて、プロのコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

プロに相談するメリット

専門知識を生かしたアドバイスがもらえる

必要資金を準備する方法については貯蓄以外にも、Ideco・NISA、個人年金など様々な手段があります。プロに相談することで、希望するライフプランを実現するために有効な方法について教えてもらうことができるでしょう。また、保険見直しラボ等の保険の見直しをお手伝いしてくれる先では、経験豊富なコンサルタントも多い為、公的保障や税金面などを考慮したアドバイスがもらえるかもしれません。

保険見直しラボ 保険ショップマンモス ゼクシィ保険ショップ

②毎月の支出を削減することができる

日本には多くの保険会社がありますが、同じような保障内容でも保険会社毎に保険料は異なります。保険見直しラボでは32社の取り扱いがある為、最適な組み合わせをオーダーメイドし、保険料の見直しをすることができます。

また、お客様満足度アンケートの結果でも90%以上の方が相談について満足したと回答しており、実際に保険料が月1万円安くなったという声も聞こえます。

保険は長期間の契約となりますので、見直しに伴う支出の削減効果は非常に大きいです。

③ライフステージに合わせて必要な保障を提案してもらえる

保険は入ったら終わりではなく、ライフステージや生活スタイルに合わせてその都度中身を変えていくことが重要です。

例えば、独身時代と子育て期間中では抱えるリスクが違う為、万が一の時に必要な保障というのは異なります。何もないのが一番ですが、いざという時に家族が大変な思いをするのは困りますよね。

保険見直しラボでは、保険に詳しいプロが必要な保障を必要なだけ、比較をしながら提案をしてもらえます。

提案したプランに納得がいかなければ、無理に保険加入する必要はないと謳っていますので、その点も安心ですよね。

長期的な目線で婚活を考えることが、婚活成功の秘訣だと思います。

オンライン保険相談を利用できる会社もございますので、是非この機会にライフプランの見直しを♪

保険ONLINE

関連記事

この記事へのコメントはありません。